DISCUSS MAGAZINE

表紙のお話

『DISCUSS』の創刊から約1ヶ月が経ちました。

なんと、すでに完売!! ……というのは嘘です。

名もなき雑誌がすんなり売り切れるほど、世の中甘くはないのです。そうは問屋が卸しませんと。

ですが、たくさんの方にご購入いただき編集部一同心より感謝しております。

書店さんからも初回入荷分が完売したというご報告を受け、追加で納品させていただくことになりました。ワーイ。

目標に掲げた2,000部を完売すべく、また、精魂込めて作り上げた本を一人でも多くの方に読んでいただきたいので、これからも販売&PR活動を頑張ります!

さて、本日は表紙の話です。どうぞおつきあいください。

世の中にはたくさんの雑誌が発刊されています。

そんな中、新しい雑誌を創刊するからには何か特別なことをやりたいという想いがありました。

ありふれたものを作ったところで、しっかりとした出版社から発刊されていて、たくさんの広告が入っていて、潤沢な資金があるものには勝てない。

まして、大衆誌は600円〜800円前後で買えて、ページ数も多くて、中面も豪華キャストで、付録なんかついてきちゃったりして、うわぉ! みたいな仕上がり。

『DISCUSS』は、1,000円+税で販売しているので、普通に比べたら大衆紙を買った方お得なわけです。

しかも、雑誌コードを取得していないので、一軒一軒お店を回って置いてもらう交渉をしなければいけません。

だからこそ、そんな状況を逆手に取ってみることにしました。

つまり出版社が書店に流通できないような本を作ろうということです。

すでにご購入いただいた方はわかると思いますが、表紙のスクラッチシールはとても繊細で、読んでいくうちに指の跡がついたり削れてしまいます。

なので、それを流通させるのはとても難しいんです。

印刷会社の方曰く、とあるアーティストのCDジャケットにスクラッチを使おうとして、全品回収になってしまったこともあったのだとか。

でも、先に述べた通り『DISCUSS』はお店ごとに手作業で納品しているので問題ありません(遠方のお店さまやONLINEで購入して頂いた方には、1冊ずつ丁寧に梱包してお送りしています)。

むしろ、傷がついた方がかっこいいんです。

だって「ノイズ」特集だもの(笑)。

たとえば、ジーンズやレザーのように、本も生きたプロダクトとして受け取って欲しい。一度読んで本棚に永眠させるのではなく、何度も読んで読む度に自分だけの跡をつけて欲しい。表紙を好きなように削り、自分だけの表紙を完成させることで愛着を持って欲しい。そんなたくさんの想いを込めて、この表紙を作りました。

しかも、スクラッチだけじゃなく表紙の不思議な柄にもエピソードがあります。

これは、『DISCUSS』のアートディレクター・沓野氏が、別仕事の撮影中に偶然生まれたという正真正銘の「ノイズ」。

テレビやモニターからコードを抜く時にたまに発生するバグ的なアレです。

意図しては絶対生み出せない柄ですので、よろしければ改めてじっくり眺めてみてください。

普段なら消去してしまう“不要”な写真を、かっこいいと思い保存していたADにあっぱれ!

そして、まさにそれこそが「ノイズ」特集で伝えたいことでもあります。

「個性が大事だ」とは言いつつも、なんだかんだ異質なものに蓋をしてしまう。

でも、中面のインタビューでもみなさまに語っていただいた通り、時にそういうものを摂取し、理解しようとすることで人生が豊かになることも往々にしてあるのです。

あまり語りすぎるとあれですし、ウザい(ノイズ)ので、興味を持っていただいた方はぜひ『DISCUSS』をご購読ください!

なにとぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です